Rank? それともNormal???

 League of Legends(LOL)についてのブログです。

・タイトル画像は七賽さんの39*を使わせて頂かせております。



◆今から始める・新しいアカウントを 作るならここから

◆twitter

◇twitch.tv 配信ページ Watch live video from Bemoti on www.twitch.tv

カテゴリ: 備忘録

最近jungleを練習してる際に気をつけてることを纏めてみました。
ざっくり書いているのと備忘録目的なので、こんなもんか程度で見てほしいです。




レーナーよりlvが高いときにgankする。

最近のjungleチャンプだと回ってるだけでレーンよりlvが高い時間があったりするので気にかけとくといい。lv6に早くなれる回り方とかだとbotとかはlv5だったりするのでult gank決まりやすいと思う。
低lv時(2~4lvぐらい)も意識してmap見とくと、自分よりlv低かったりとかlv3の時に逃げスキル取ってなかったりとか見えてきたりするので、最序盤も目を向けておく。


ミニオンの数でgankできるか決める。
ミニオンの数で押すか押されるかやgankした場合のミニオン被弾を考えてgankする。
pushレーンの見分け方は、ミニオン叩かずに2体以上多いとレーンが押される感じ。
(かなり大雑把なので詳しく調べた方がいいと思います)
将来的にpushされるであろうレーンはpushしはじめてからwardを置く場合があるのでgank刺さりやすかったり、裏から入る目安にもなるので気にかけておく。
ただし、相手ミニオンとの数の差が大きすぎるとgankしたときにミニオンにたこ殴りにされるので、安全にgankできる範囲でのミニオン状況か確認した方がいいかも。
どうしてもgankできないけど顔出した方がよさげなら、ミニオン押して帰る時間作ってあげることもできる。


相手のフラッシュを見てから使うためのスキルを用意しておく。

挟みこめた場合にフラッシュを待たずブリンクや足止めのスキルを使ってしまうと後手出しフラッシュで逃げられてしまう場合がある。
確実に仕留められるような状況でなければ、相手の逃げスキル読みでスキルをとっておいて後手出しする方が上手くいく場合がけっこうある。


赤バフを持ってるときはレーンを意識する。
赤バフの効果時間中はgank・カバーを意識するべきで、効果時間中はjungleを回ることの優先度を下げてでもレーンを意識すべきだと思う。
最近のjugleはチャンプによって回り方を変えたりするので、赤バフの効果時間がルートによってまちまちになる。自分は赤バフ持ってるけど相手は持ってないような状況が起こったりするので意識しておくと勝てる率が上がるはず。


複数のルートを用意して最適なルートでgankする。
gankルートが単調になるとward置かれるので、複数のルートでgankする方がいい。
ただ、慣れてないと裏回ってる最中に戦闘始まって間に合わなかったり、ブリンクCD待ちの時にレーン状況が変わってgankできなかったりするので、バレないルートが最善ってよりも状況に合わせたルート選択が大事なのだと思う。
複数のルートを用意しておいて場面に合ったルートを使うイメージが大事かも。


ドラゴン・ヘラルド・バロンコールは自分からする。
キルとれてもオブジェクト(上の他にはタワーなど)に繋がらなければ有利とれないので、いけると思ったらsmite特権を生かしてコールするべき。
オブジェクトに繋ぐためにgankタイミングを探すようになれば勝てるはずだから、gankする前から「これ決めたらドラゴンやろう」みたい考えられるといいかもしれない。


ドラゴン等を奪われないためにスキルを叩き込んでからsmiteする。
結構基本だけど丁寧にやらないとスティールされることがよくある。
モンスターの体力がsmiteダメージに近づいた時にスキルでバースト出して、相手にsmite使う時間を与えないようにする。そのためにスキルを残しておくことが重要。
smiteダメージの確認とスキルのダメージの確認を狩ってる時間にする癖をつける。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルに書いたような事が先日起きました。
現在は復旧しているのですがOSの再インストールで直ったので原因が掴めないままです。
twitterにて呼びかけを行ったところ、様々な対応策を頂いたので、同じ症状に陥った人へ、
そして、また同じ症状が再発した場合のための備忘録として書きたいと思います。

私自身の知識が乏しいので、でたらめな事を書いてしまっているかもしれませんが、
その場合はコメント欄にご指摘頂きたいです。 修正を重ねながらでも残すつもりなので。

情報を寄せてくださった方々、本当にありがとうございました! 心強かったです
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ