Rank? それともNormal???

 League of Legends(LOL)についてのブログです。

・タイトル画像は七賽さんの39*を使わせて頂かせております。



◆今から始める・新しいアカウントを 作るならここから

◆twitter

◇twitch.tv 配信ページ Watch live video from Bemoti on www.twitch.tv

最近jungleを練習してる際に気をつけてることを纏めてみました。
ざっくり書いているのと備忘録目的なので、こんなもんか程度で見てほしいです。




レーナーよりlvが高いときにgankする。

最近のjungleチャンプだと回ってるだけでレーンよりlvが高い時間があったりするので気にかけとくといい。lv6に早くなれる回り方とかだとbotとかはlv5だったりするのでult gank決まりやすいと思う。
低lv時(2~4lvぐらい)も意識してmap見とくと、自分よりlv低かったりとかlv3の時に逃げスキル取ってなかったりとか見えてきたりするので、最序盤も目を向けておく。


ミニオンの数でgankできるか決める。
ミニオンの数で押すか押されるかやgankした場合のミニオン被弾を考えてgankする。
pushレーンの見分け方は、ミニオン叩かずに2体以上多いとレーンが押される感じ。
(かなり大雑把なので詳しく調べた方がいいと思います)
将来的にpushされるであろうレーンはpushしはじめてからwardを置く場合があるのでgank刺さりやすかったり、裏から入る目安にもなるので気にかけておく。
ただし、相手ミニオンとの数の差が大きすぎるとgankしたときにミニオンにたこ殴りにされるので、安全にgankできる範囲でのミニオン状況か確認した方がいいかも。
どうしてもgankできないけど顔出した方がよさげなら、ミニオン押して帰る時間作ってあげることもできる。


相手のフラッシュを見てから使うためのスキルを用意しておく。

挟みこめた場合にフラッシュを待たずブリンクや足止めのスキルを使ってしまうと後手出しフラッシュで逃げられてしまう場合がある。
確実に仕留められるような状況でなければ、相手の逃げスキル読みでスキルをとっておいて後手出しする方が上手くいく場合がけっこうある。


赤バフを持ってるときはレーンを意識する。
赤バフの効果時間中はgank・カバーを意識するべきで、効果時間中はjungleを回ることの優先度を下げてでもレーンを意識すべきだと思う。
最近のjugleはチャンプによって回り方を変えたりするので、赤バフの効果時間がルートによってまちまちになる。自分は赤バフ持ってるけど相手は持ってないような状況が起こったりするので意識しておくと勝てる率が上がるはず。


複数のルートを用意して最適なルートでgankする。
gankルートが単調になるとward置かれるので、複数のルートでgankする方がいい。
ただ、慣れてないと裏回ってる最中に戦闘始まって間に合わなかったり、ブリンクCD待ちの時にレーン状況が変わってgankできなかったりするので、バレないルートが最善ってよりも状況に合わせたルート選択が大事なのだと思う。
複数のルートを用意しておいて場面に合ったルートを使うイメージが大事かも。


ドラゴン・ヘラルド・バロンコールは自分からする。
キルとれてもオブジェクト(上の他にはタワーなど)に繋がらなければ有利とれないので、いけると思ったらsmite特権を生かしてコールするべき。
オブジェクトに繋ぐためにgankタイミングを探すようになれば勝てるはずだから、gankする前から「これ決めたらドラゴンやろう」みたい考えられるといいかもしれない。


ドラゴン等を奪われないためにスキルを叩き込んでからsmiteする。
結構基本だけど丁寧にやらないとスティールされることがよくある。
モンスターの体力がsmiteダメージに近づいた時にスキルでバースト出して、相手にsmite使う時間を与えないようにする。そのためにスキルを残しておくことが重要。
smiteダメージの確認とスキルのダメージの確認を狩ってる時間にする癖をつける。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

最近サブ垢lv上げしてるとbotばっかと当たる。この問題結構深刻だと思う。

botっていうのはlv上げるためにプログラム組んで自動操作してるアカウントのことで、特徴は即ピック即ロックからのmidに走るとか名前が適当だったり日本語っぽくないやつだったりするんだけど、最近はmidコールしたりとかmidに数人走った場合はtopに行くとか様々な特徴も増えてる。けど、大半は動かないか死にまくるようなやつしかいない。

botがいるのは知ってたしNAでやってた時も遭遇したのでどんな感じかは知ってたけど、日本鯖なのに日本人ホントにいんのか?ってぐらいAI戦だとbotと当たるという地獄。
一人や二人ならなんとかなるけど、自分以外全員botとかだとワンチャン負けもあるからめんどくさい。負けるとXP貰える量減るはずだから時間無駄にするんだよね。


ただこれサブ垢のlv上げだからうざいわ~で済むけど、初心者が当たったらと考えるとぞっとする。
midに数人走り出したと思ったら続々と死にはじめて、何がなんだかよくわかんない内にゲーム負けるんだから、LOLってこんなやつしかいないの?とか思われても仕方ないような気がするんだけど。

しかも、AI戦だけでなくnormalでも当たるらしいから性質悪い。
一昔前のNAではドミとかARAMで自分以外全員bot(味方も敵もbot)っていうのがあったからnormalにわんさか湧くのも想像つくんだけど、サモナーズリフトは真面目にやりたいって人が多いからbotは邪魔でしかない。時間の無駄感半端ないだろうし。


まあ、botの心理からすると経験者にcarryしてもらってwinボーナス稼ぐ方が効率いいとかで難易度設定は高くしてるとかありそうだから、設定低くしとけば避けて通れるのかもしれない。けど、botいる環境避けるために難易度下げるってのもねえ...。

日本鯖なのに日本人と当たらない....なんて状況なんとかするために、手始めにbot駆除をRiotにはお願いしたいです。初心者がプレーするであろう環境がこんなんじゃ誰も寄りつかなくなる未来しか見えない。
現状かなり世紀末感でてる低lv帯だと思う。


とりあえず、自分たちで出来ることは自分たちでやるしかないってことで、
botを見かけた際は迷わずReportしてください! NO MORE 経験値泥棒!!
2016.3.20 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

BlackEye vs  CROOZ Rascal Jester パッチ6.3

・GAME1
 WIN-RJ
 Ban BE zill.graves.fiora RJ kog.nida.liss
 Pick BE poppy.rumble.corki.kalista.ali RJ nauti.elise.lulu.luci.braum

ban&構成について

6.3なのでgravesがbanされるのは意外。タワー折りの速度が評価されているのか?
BEは話題のrumble jungle。corkiのWと共にultでワンチャン?バランス型の構成。
RJはAD carryを守り抜く構成。

ゲームの内容
序盤の主導権をBEが掴むかと思われたがbotレーンが徐々に崩れだす。eliceを捕まえられそうなシーンも何度か見られたキルにはなかなか繋がらない。

ゲームの主導権が徐々にRJに移っていき、マップコントロールがどんどん進んでいく。15分前にこの状況を作られてしまうと厳しい。RJはこれといったミスをせず上手く当たったかに思えた集団戦も、きっちりリカバーし差を縮めさせない。
堅実な攻めと冷静な対応力で勝利を導いたのはRJ。流れが決まってからは完勝だった。

個人的な感想

このゲームは特筆する事が少なかった。面白みのないゲームだった訳ではなく、RJの流れを掴んでからの動きが素晴らしかったので一方的なゲームになったせいだろう。
RJの強さが前面に出ていたし、特にeliseの動きがBEを撹乱しゲーム動かしていたと感じた。eliseはban候補かもしれない。


・GAME2
 WIN-RJ
 Ban RJ nida.liss.quin BE zill.graves.kog
 Pick RJ morg.elise.lulu.tris.braum BE  poppy.rumble.victer.luci.ali

ban&構成について
banはgame1とほぼ同じ。
RJはgame1と同じような構成。BEはほぼ同じで集団戦重視に傾けた印象。

ゲームの内容
RJがfirstbloodを奪う。(3:40) rumbleがbotサイドを巡回していたのでvicterの警戒が薄れ、eliseが視界の穴をを突き上手く回り込んでgankを決めた。このgankはfirstbloodよりもmidにTPを使わせることになったのがRJに有利な状況を作り出すこととなった。

続けざまtop.midとgankを決め、その流れでmid.jungleがbotに向かいタワーダイブする。(7:32) braum.eliseが強引にダイブしたかに見えたがRJには勝算があった。
RJがfirstbloodをとった時レーンに戻るためBEのmidはTPを使ってしまった、それによりbotを4人で囲んでしまえばtopがTPを使っても絶対に人数差が付くことを分かってのダイブだったのだろう。

ここまでの流れでRJの有利が確定したのは確かだろう。各レーンの差、特にbotレーンの主導権を握れたのは大きい。botタワーを折ってから、ドラゴンやmidタワーに繋げば勝ちにぐっと近づく。duoレーンの人員を他レーンに割けるようになると、守る側は対応を間違えたとたんオブジェクトをとられてしまう可能性を考えなくて動かなくてはいけなくなる。

BEの対応が良かったのは15:40。top1stタワーダイブをRJが狙ったがwardにeliseが映り、すかさずBEはbotタワー交換で手を打つ。1stを折ったRJは4人で続けざま2ndタワーに向かう。poppy一人でタワーを守ることとなりあわやと思われたが対応が素晴らしかった。ultを使いelise.braumを飛ばそうとしたが距離が合わない....そこでultでミニオンを飛ばしウェーブを追い払った瞬間、前に出ていたtristanaをE⇒Qで狙った。
ミニオンがいなくなったことでタワータゲはtristanaに移り、あわやtrisが倒されるかという状況に持っていたpoppy。
人数差が確実で味方の援護を期待できない状況で、タワーを守りきるための咄嗟の機転は賞賛すべきスーパープレイだと思う。 

top2ndタワーは守りきったけれど、その後に流れを引き戻すことはできなかった。tristanaが育ってからは倒すすべがなくゲームはRJの勝利という形になった。

個人的な感想
TPを落とすということはサイドレーンでの集団戦で、人数差を確定させる要因になってしまうのだと実感した。チーム戦においてTPを上手く使うスキルというのはある種必須なのだろう。今回のゲームは早期のgankでTPを使いレーンに戻らざるを得ない状況を作り出したRJが上手かった。TPOP


・全体を通して
 
RJがゲームをキッチリ決めたという印象が強かった。マップコントロールを常に握っていたし相手に隙を見せなかったことも素晴らしいと思う。
序盤の流れがゲームを支配する。それこそがLOLというゲームなのかもしれない。
2016.2.27
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ